eye01.jpg

習慣 一覧

197ff868ff946b2ee6e024ed1e57cb2c6f87e4f7.jpeg
一つの目安は「インパクトが見えるか?」
振り遅れているということは、インパクトを迎える前に肩のラインは開いている。

続きを読む

160626_02.jpg
プレー中盤にさしかかると、スイングに使う筋肉が少しずつこわばってくる。

続きを読む

150505_01.jpg
ゴルフは闇雲に練習しても上達しません。100を切るレベルまでなら練習の質より量でなんとかなりますが、90を切る、80を切るとなると的外れな練習では結果に繋がりません。
会社員として働きながらゴルフの上達を目指すには、限られた時間を有効に使うためにプレーの内容から練習のテーマを見つけることが重要です。
本記事では、スコアカードの記入方法を工夫して練習のテーマを見つけるために私が実践していることをお伝えします。

続きを読む

150305_01.jpg

ETGA定番のドリルの一つに「片手打ちドリル」があります。
片山晋呉プロも練習する時は、必ず片手打ちをやるそうですから、それだけ重要かつ効果の高いドリルなのでしょう。
練習場でも時々片手打ちしている人を見ますが、なかなかきちんとできている人はいません。
そんな、難しいけど効果は高い「片手打ちドリル」について本記事ではご紹介します。

続きを読む

150122_01.jpg

私がゴルフを始めた20年ほど前は、セルフでプレーできるゴルフ場は河川敷くらいのものでした。
それが今では・・・
私のホームコースにもキャディさんが待機していますが、どれくらい稼働しているんだろうかと思います。

セルフで氣軽にゴルフが楽しめるようになった反面、問題になっているのがスロープレーです。
自身のプレー時間の記録を見返してもハーフ2時間半を切ることは、ほとんどありません。
どれだけ急いでも前の組が遅ければどうにもならないですが、コースでプレーするゴルファー全員が少しずつ意識をするだけで、全体の進行はかなりスムーズになります。
本記事ではプレーの進行をスムーズにするために注意すべきポイントについて考えてみました。

続きを読む

150114_01.jpg
バンカーショットが苦手なアマチュアゴルファーは少なくありません。
苦手と思っているゴルファーほど、引き寄せられるようにバンカーに入ってしまったりします。

そもそもバンカーはハザードなので、他のライより難しくて当たり前なんですが、池やOBと違って打つことができてしまうということが、心理的にペナルティとして受け入れることを難しくしていると言えます。
とは言え、打てるものなら1打でも良いスコアでプレーするため積極的にリカバリーしたいところです。

私のホームコースには、バンカーがあるアプローチ用グリーンがあるので、プレー後にアプローチ練習する時は、必ずバンカーショットを練習します。

本記事では、そんなバンカーショットの練習方法についてポイントをご紹介したいと思います。

続きを読む

150103_01.png
2015年の目標を「平均スコア70台」に設定した@KondoAkihiroです。
2015年はこの目標を達成するために、日々の行動を積み重ねていくわけですが、私は意志が弱いので、できるだけ短いスパンで成果が感じられないと、目標を立てても続かないのです。

そこで、私がやっている目標達成のための日々の行動を管理する方法についてご紹介します。
ちなみに日々の行動と2015年の目標には、かなり距離があって実際には目標を細分化しているのですが、それについては別の機会に。

続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索