eye01.jpg

間違いだらけのバンカー練習

160717_02.jpg
ホームコースには、幸いにしてグリーンにボールを打てる練習用バンカーがある。しかし、練習しているゴルファーを見ていても、何を目的としているのか見えてこない。
せっかく練習する環境に恵まれていても、ただボールを打つだけでは上手くならない。


バンカーショットを苦手とするゴルファーの練習を見ていると、アプローチと同じようにカップに寄せようとしている。しかし、バンカーショットは距離感を出すのが難しい。
そこでまず練習したいのは、一定の距離を打てるようになること。方向だけ氣にして氣持ちよく振れるスイングの大きさとスピードでボールを打つ。

そうやって10球くらい打ったときに、平均して何ヤードボールが飛ぶのか?そして前後のバラツキはどれくらいなのかを確認する。この基準距離を把握することが、マネジメントのベースとなる。

最後までお読みいただきありがとうございます

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

コメントする(Facebookアカウントをお持ちの方)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索