eye01.jpg

ティーショットが100切りにおいて重要である理由

67424bc2177997098eb8b0bc3f0cd0a188119a97.jpeg
プロゴルファーでさえ、100が切れない初心者に「アプローチとパットでスコアは作れる」と教えてしまう人もいるが、ショートゲームを練習しても100は切れない。
ゴルフが「ミスのスポーツ」であることを考えれば、何を練習すべきなのか分かるはず。


例えば1ホールで3打、4打オーバーすることは珍しくないが、1ホールで出せるアンダーは1打が良いところ。叩いてしまったスコアは基本的に取り戻すことができない。

これは、ホール毎のプレーにおいても同じ。
ティーショットでOBを打ったら、次にどんなに良いショットを放ってもパーオンはできないし、アプローチやロングパットを狙ってカップインさせることなど、プロゴルファーでも難しい。

つまり、寄せワンでもトリプルボギーやダブルパーというホールばかりだったら、絶対に100を切ることなどできない。そこで練習すべきなのは「死なないティーショット」ということになる。

最後までお読みいただきありがとうございます

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

コメントする(Facebookアカウントをお持ちの方)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索