eye01.jpg

振り遅れが引き起こしているミスとは

c76cb61ed858dbf89c0ed160cb90add3401d2b73.jpeg
誰もが考える振り遅れによるミスは、プッシュアウトやプッシュスライス。つまり、狙いよりボールが右に飛んだときに「振り遅れた」と感じる。


そこでミスを修正しようとする。この修正がくせ者で、「振り遅れ=プッシュ」と思い込むことが間違いのもと。
プッシュのミスは、フェースの向きでも修正できる。振り遅れてもフェースの向きで振り遅れ分をカバーすれば、狙ったところにボールが飛ぶこともある。
つまり、振り遅れにフェースの向きの不安定さが追加され、やり過ぎれば左に飛ぶし、リストがほどけてダフったり、肩が開いてヒッカケたり、「振り遅れ」が誘発するミスを嫌がってトップしたり、シャンクしたり・・・ほとんどのミスは「振り遅れ」が引き起こしていると言える。

最後までお読みいただきありがとうございます

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

コメントする(Facebookアカウントをお持ちの方)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索