eye01.jpg

プレー中の振り遅れを回避する

160626_02.jpg
プレー中盤にさしかかると、スイングに使う筋肉が少しずつこわばってくる。


腰や背中、脚などの動きが悪くなると、腕が振れずにスイングが鈍くなり、振り遅れが出始める。
自覚症状が出る前に、ショットの合間の時間を見つけて肩入れ等のストレッチで筋肉をほぐすようにする。

最後までお読みいただきありがとうございます

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

コメントする(Facebookアカウントをお持ちの方)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索