eye01.jpg

2015年上半期のゴルフを振り返る

2005_1sthalf.jpg2015年も半分が終わりました。 年初の目標を達成するために日々取り組んできましたが、すべて思い通りになるどころか、ほとんど思った通りになっていないという現実の厳しさ。 本記事では下半期に軌道修正するために、上半期のレビューをします。


ゴルフ(実戦)部門

まずはゴルフコースにおける一般的なデータから。
1ヶ月のラウンド数が多くないのでトータルで見ると、まずは平均ストローク。
86.94というのは目標と大きな開きがあるものの、2014年の88.81から2ストローク近く改善しています。
フェアウェイキープ率やGIRも改善したいのですが、この中で目立って悪いのはリカバリ率でしょうか。

ホームコースの特性上OBが出やすく、ティーショットの時点でパーセーブできなくなってしまうのですが、それにしてもリカバリ率が低い。
2014年の15.4%から改善しているものの、20%ちょっとということはグリーンを外すと5回に1回しかパーが取れないということです。
平均すると18ホール中10ホールでグリーンを外しているので、そこからOBなどの平均回数を差し引いて残りは6ホールか7ホール。
そのうち1回か2回しかパーセーブできない・・・これでは平均スコア70台は厳しいですね。

ラウンド平均3回を超えるOBやウォーターハザードなどのペナルティも改善が必要。

2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 合計
ラウンド数 27 2 2 3 3 3 3 16
平均ストローク 88.81 87.00 89.00 84.67 90.33 86.33 85.00 86.94
フェアウェイキープ率(%) 59.7 50.0 53.6 61.9 61.9 50.0 54.8 55.8
GIR(%) 35.80 38.89 27.28 55.56 38.89 44.44 51.85 44.10
サンドセーブ率(%) 11.8 20.0 0.0 20.0 20.0 0.0 20.0 16.7
リカバリ率(%) 15.4 22.7 30.8 16.7 18.2 16.7 19.2 20.5
OB(回) - 6 4 5 5 4 8 32
ペナルティ(回) - 3 4 1 3 6 5 22

練習部門

上手い人はどんな練習をどれくらいやっているのか?というのは非常に興味深い疑問なのですが、ほとんど知る術がありません。
なかなか練習量と内容を定量化するのが難しいという問題もありますが、2015年上半期の私の練習内容を整理しました。
数値化できるよう回数や時間で算出しています。

一般的な練習

いわゆる打ちっ放しでボールを打つのを「レンジ」として記録しています。
それ以外は後述のドリルを含め、インドアや自宅、コースの練習グリーンでやっています。
打ちっ放しでボールを打つのは、練習というより「確認」と考えています。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 合計
レンジ(球) 340 290 100 450 0 45 1225
パッティング(球) 515 230 550 165 220 135 1815
バンカー(球) 60 80 40 20 110 220 530
アプローチ(球) 510 220 730


ドリル

ボールを打たないものも含め、スイングを修正や調整のために行う練習はドリルと位置づけています。
片手打ちとショートスイングは、基礎練習として必ずやるようにしています。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 合計
片手打ち(球) 370 480 450 100 90 300 1790
ショートスイング(球) 415 210 175 0 800 500 2100
バット(球) 460 160 380 260 600 0 1860
テニス(球) 405 150 440 300 450 0 1745
シャドースイング(回) 200 600 800
ノーバックスイング(球) 30 10 50 20 110


フィジカル

ゴルフ上達のためには、技術面だけでなくそれを実現するためのカラダづくりも必要です。
ロードワークは毎日できないので、週1回。
腹筋や腕立て伏せはできるだけ毎日やるようにしています。
腹筋は主にアプローチやパッティングのため、腕立て伏せは方向性の安定のために取り組んでいます。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 合計
腹筋(回) 1,040 500 480 510 640 720 3,890
腕立て伏せ(回) 815 480 480 390 480 545 3,190
ランニング(km) 11.6 2.4 3.6 0 2.4 12.0 32.0
坂道ダッシュ(本) 30 13 20 19 19 25 126
バットスイング(回) 725 0 420 175 25 75 1,420
左バットスイング(回) 725 0 400 175 25 75 1,400
ストレッチ(時間) 1:23 0:35 3:09 2:34 1:54 2:03 11:38

まとめ

プロゴルファーの1週間の練習量は、アマチュアの10年分なんて言われたりしますが、こうやって練習量を記録することで「練習してるのはずなのに上達しない」という悩みを解消する「はじめの一歩」になるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

コメントする(Facebookアカウントをお持ちの方)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索