150629_01.jpg
3パットが発生するシチュエーションは様々ですが、バーディーも狙える距離からの3パットは特にダメージが大きいですよね。
バーディーが狙える距離であれば、カップインできなくても「お先に」でパーをセーブしたいところ。
こういう時の失敗は大抵、距離感のミスです。
思い出してみてください。5ヤードの距離から50センチ左右に外すことよりも、1メートル以上オーバーしたりショートしたりすることの方が多いのではないでしょうか?
パッティングは感覚がモノを言うので、何をどう練習したら良いのか正解はありません。
とは言え、すでに距離感を身につけているプロや上級者の練習法が、ノーカンなアマチュアゴルファーにどれほど役に立つのかという疑問を感を感じます。
そこで本記事では、距離感を身に付けるために私が最初に取り組んだ練習法をお伝えします。
パッティングのノーカンさに嫌氣がさしている方にぜひ読んでいただければと思います。

続きを読む