eye01.jpg

江連忠ゴルフアカデミーの1年半を振り返る

150531_01.jpg

江連忠ゴルフアカデミー(以下「ETGA」)愛知校の第1期に中途入校して約1年半。2014年の2月から2015年5月まで通いました。
レッスンは基本的に週1回で、私はレッスンの他に土日の午前中に行われているジュニアたちのトレーニングにも毎週参加させてもらっていました。

ETGAに通うことにした理由は、「自分自身に言い訳ができなくなるから」です。
そこらへんの練習場のレッスンプロに教えてもらって結果が出なくても、レッスンプロのレベルや教えるスキルが低いなどと言い訳できてしまったら、お金を払って教えてもらう意味がありません。
少なくとも日本でトップレベルのプロを指導してきたノウハウが蓄積されているETGAなら、できなかったら自分の責任と思って指導を受けることにしました。


1年半の成果について

ETGAに通った1年半の成果について、まずは平均スコアから。
2013年の平均スコアは87.08(12ラウンド)。それが2014年には88.81(27ラウンド)まで悪化し、2015年には5月までで87.42(12ラウンド)に持ち直しています。

2013年 2014年 2015年
ラウンド数 12 27 12
平均スコア 87.08 88.81 87.42
フェアウェイキープ率 61.1% 59.7% 57.5%
GIR 37.0% 35.8% 42.1%

平均で見るとそれほど変わっていないように見えますが、2014年は100近くのスコアを叩くこともあり、本当に苦しみました。


他の会員さんの話を少し

他の会員さんに話を聞くと、入校してスコアを崩した人は少なくないようです。その期間は人それぞれですが、長期にわたって復調しない人もいるようです。
基本的に「ゴルファーの個性に合わせたレッスン」ということをやらないので、入校したらほぼ100%アドレスからガッツリ直されます。今の技術に何かプラスできたら良いなという人にはお勧めできません。


良い点

様々なドリルを体験できる

150531_02.jpgテニスボールをラケットで打つ。硬式野球のボールをバットで打つ。バランスボールを投げたりといった、正しい動きを体験できる工夫が沢山あります。
こういったドリルはゴルフ雑誌で紹介されていても、通常の練習場ではできないドリルも多く、きちんとした説明を受けながら体験することができます。

目から遠くにある小さなボールを、長いクラブの先の小さなヘッドで打つゴルフは、正しい動きを教えてもらっても当たらない恐怖が先に立って直らないことが少なくありません。

ETGAではボールを打つよりも、教わったドリルを徹底的にやると早く結果が出ると思います。

じっくり見てもらえる

一般的な練習場のレッスンは、数名〜10名前後が同じ時間に受講するので、一人あたりの実質的なレッスン時間は5分〜10分程度だったりします。
ETGAのレッスンは1回70分。1人のコーチにつき受講者は最大2名なので(1名の場合は50分)、少なくとも1回のレッスンで30分以上は付きっ切りで指導してもらえます。
レッスンを受けたものの何も教えてもらえなかったということはありません。
基本的なレッスンの流れは、ヒアリング→撮影→解説と指摘→ドリルや打球練習・・・という風に進みます。

映像によってコーチと共通の認識を持つ

レッスンは基本的にスイングを撮影して、映像を見ながら「事実」をベースにスイングを修正します。
映像で確認することにより、受講者は直しているつもりでも実際は直っていないという感覚のズレを解消します。
これは、アプローチやパッティングのレッスンでも同様です。
自分のパッティングの映像を見せられてのレッスンは衝撃的でした。


イマイチな点

メニューは1種類だけ

ETGAのメニューは年間契約で約60万円の一択です(レッスン回数は48回)。
1回あたりに均すと1万円ちょっとで日本トップレベルのコーチに教われるので、べらぼうに高いとは思いませんが会社員ゴルファーにはやはり負担です。

最初は直すところが沢山あるので良かったのですが、ある程度落ち着いてくると修正点は絞り込まれ、1週間や2週間では特に変化がありません。
2年目以降という条件付きでも良いので、レッスンのペースを選択できると継続できるのになぁと思います。

競技志向がいない(少ない?)

レッスンの他に期待していたことは、私と同じ競技志向のゴルファーが沢山いて切磋琢磨できるのではないかということ。
しかし、プロを目指す大学生を除き、1年半で競技志向の会員さんとは知り合いになれませんでした。

私の通う時間帯が合わなかっただけかもしれませんが、お金や時間に余裕のありそうな経営者の会員さんが多く、ゴルフに取り組む姿勢において刺激を受けることはありませんでした。

実戦向けのレッスンを受けづらい

ラウンドレッスンもお願いすることができるのですが、仕事の休みを取ったりコーチや複数の会員さんの都合を合わせたりなど、インドアでのレッスンに比べてハードルが高いです。
ETGAに通う前から「スイングの割に良いスコアが出ないよね」と言われていた状況は、解消するどころかさらに強まっています。
第2期の延長でインドアのレッスンを受け続けても結果を出すことは難しいと感じて、私は第2期の満了を以て休学することにしました。


まとめ

真剣にゴルフに取り組んでいるゴルファーにはオススメです。プロと同じメソッドをガッツリ教えてもらえます。
「アマチュアだから」とか「力がないから」とか「体が硬いから」と言い訳をする人にはオススメしません。
私も金銭的に余裕があれば第3期も継続したかったんですけどね。
色々と質問をしたつもりですが、コーチはまだまだ沢山の引き出しを持っていると思います。

入校を検討している方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

コメントする(Facebookアカウントをお持ちの方)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索