eye01.jpg

GPSvsレーザー〜どちらの距離計を選ぶか!

150404_01.jpg
クラブ選択はゴルファー自身の責任です。
キャディがいれば、アドバイスを求めることもできますが、同伴競技者には周知の事実(ハザードやピン位置など)以外について尋ねることはできません。
キャディ無しのゴルフが一般的になった現在、何らかの方法で距離を確認するためのツールがあると便利です。
本記事では、ゴルフにおける距離測定ツールの2大ジャンルであるGPS距離計とレーザー距離計について比較します。


測った距離が打てなければ要らないのか?

特に初心者に多いのが、「距離を測ってもその通りに打てないから要らない」というもの。
ゴルフ上達の要素には、ボールを打つ技術だけでなく、状況判断が含まれるのですが、距離の判断は経験の積み重ねです。いくら正確にボールを打つことができても、100ヤードしかないところで150ヤード飛ばしたらスコアになりません。
距離を判断する経験を積み重ねるには、正確なフィードバックが必要です。仮に良いショットだったのに150ヤードを20ヤードショートした時に、判断のミスだったという客観的なフィードバックが無ければ、不必要にスイングをいじってしまう恐れがあります。
「距離計は上手い人だから使う」のではなく「上手い人でも使っている」のです。


GPS距離計

複数の人工衛星を使って現在地を特定し、あらかじめ設定された地点までの距離を測るのがGPS距離計の仕組みです。
ゴルフ用のGPS距離計は、地点登録できる製品が多いようです。

GPS距離計のメリット・デメリット

150404_02.jpg私が使っていたGPS距離計はこちらです。
だいぶくたびれてます(^_^)

プレーの軌跡が記録できる

GPS距離計の一番のメリットは、地点登録できることです。これはプレー後に振り返るための情報になります。
ただし、地点登録は自動ではなく、手動で行う必要があります。

比較的安価

GPS距離計は、シンプルな機能で比較的安価な数千円程度のものから、多機能な3万円程度の機種までありますが、レーザー距離計と比べると安価です。
多機能な機種は、ホールのレイアウトが確認できたり、グリーンまでの距離以外を確認することができます。

誤差が生じる

GPS距離計は仕組み上どうしても誤差が発生します。明らかに狂っていると認識できる時は問題ないのですが、そうではない誤差は、プレーに返って悪影響を及ぼす可能性があります。
電波を受信して、誤差が解消されるのを待つ時間も必要です。

計測できるのは登録された地点のみ

GPS距離計は、機器そのもので距離を測るのではありません。機器の現在地を特定することにより、あらかじめ登録された地点までの距離を返すだけです。
ですから、あのバンカーを越えるのに何ヤードか知りたくても、その場所が登録されていなければ距離を知ることはできません。
グリーンに対しては、センターもしくはフロントエッジまでの距離しか測れないので、50ヤード以内の距離になってくるとGPS距離計を使う意味は、ほとんど無くなります。

レーザー距離計のメリット・デメリット

150404_03.jpg私が使っているレーザー距離計はこちらです。

知りたい場所までの距離を測れる

レーザー距離計のメリットは、なんと言っても知りたい場所までの距離をどこに対しても測れること。
レーザーを目標物に当てて、返ってくるまでの時間で距離を測ります。特にトラブルショットでは助かります。


距離を正確に測れる

最短で5メートルから計測できるので、極端なことを言えばグリーン上でも使えます。
最長も1000ヤードまでの距離を測れるので、ゴルフ用としては充分でしょう。

価格が高い

レーザー距離計のデメリットは、なんと言っても価格が高いこと。あまり安物を買うのも不安なので、5万円前後の価格帯をお勧めします。ゴルフに3、4回行けますねぇ。
また、その場で距離を測るだけなので、地点登録してプレーの履歴を振り返ることはできません。


雨や霧に弱い

レーザー距離計は仕組み上、レーザーを遮るものがあると正確に計測できません。雨や雪が降っていたり、霧が出ていて対象物にレーザーが届かなければ、使い物にならないのです。


距離計との距離感

どちらのタイプを選ぶにせよ、注意点として競技にエントリする場合、計測機器を使用できるか競技規則を確認しておく必要があります。
公式な競技はまずダメだと思います。
ですから、普段から「まず距離計を使う」のではなく、自分の目と勘で距離をはじき出して「答え合せに距離計を使う」のが良いと思います。
また、私は100ヤード以内については距離計を使わないようにしています。

まとめ

距離計を購入するには、ある程度の出費が必要です。しかし、1回のショットからできるだけ多くのフィードバックを得るために、月イチゴルファーほど必要なアイテムだと思います。
私はGPSから、レーザー距離計に移行して現在に至ります。

最後までお読みいただきありがとうございます

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

コメントする(Facebookアカウントをお持ちの方)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索