eye01.jpg

バンカーショットの練習で絶対に守るべき3つのポイント

150114_01.jpg
バンカーショットが苦手なアマチュアゴルファーは少なくありません。
苦手と思っているゴルファーほど、引き寄せられるようにバンカーに入ってしまったりします。

そもそもバンカーはハザードなので、他のライより難しくて当たり前なんですが、池やOBと違って打つことができてしまうということが、心理的にペナルティとして受け入れることを難しくしていると言えます。
とは言え、打てるものなら1打でも良いスコアでプレーするため積極的にリカバリーしたいところです。

私のホームコースには、バンカーがあるアプローチ用グリーンがあるので、プレー後にアプローチ練習する時は、必ずバンカーショットを練習します。

本記事では、そんなバンカーショットの練習方法についてポイントをご紹介したいと思います。


練習は簡単なライで

まずは、ポイントを動画にしてみましたのでご覧ください。

砂を踏み固めておく

砂が柔らかくフカフカのバンカーだったら、練習する前に足踏みして砂を踏み固めて、それからレーキで均して練習を始めます。
砂が少ないバンカーだったら、レーキで砂を掻き集めてから同じように踏み固めます。

ボールを打つ前に「ザックリしそう」とか「ヘッドが弾かれてトップしそう」と感じない状況を作ります。

ボールは砂でティーアップした状態を作る

準備ができたらボールを置きます。
ボールは砂の上に置くだけではダメです。砂で小さな山を作ってその上にボールを置き、ティーアップしたような状況を作ります。動画では、ヘッドでボールの後ろの砂をヘッドで掻いて取り除いています。

ボールをボトッと落として砂に潜らせてしまうのはもってのほかです。
ボールを打つ時は、ティーアップのために盛った砂だけを飛ばすイメージで打ちます。

線を引いてヘッドの入った位置をチェックする

ボールを打った時の音とヘッドの入った位置を、ボールが飛んでいく感じと併せて覚えるため、打つ前にボールの位置に目印の線を引いておきます。

フットワークを使う

バンカーの練習ではホームランを打つ

練習では、ホームランを狙って打てるよう練習します。トップとホームランは全く別物なので注意してください。
本番では絶対にダフる方に心理が傾きます。練習でダフっていると、本番ではもっとダフります。

フィニッシュは左足1本で立つ

腕でクラブをコントロールすると、ヘッドの入る位置が安定しません。アプローチと同じようにフットワークを使ってボールを打ちます。
動画のようにボールを打った後は、左足1本で立てるようにします。
ボールを打った後の右足ベタ足はNGです。

ボールを右足寄りにし過ぎない

ボールの位置を右足寄りにすると、フットワークを使うことが難しくなります。今まで右足寄りに置いていたなら、思い切って左足の内側くらいに置いてみましょう。

基準距離を作る

特にスイング幅を氣にせずに打った時に、何ヤードキャリーするかチェックします。
一般的な男性で20〜25ヤードに収まるはずです。
まずは、簡単なライから基準距離にボールが集まるように練習します。
力いっぱいドンと打ち込むのはダメです。ヘッドやクラブの重さだけでボールが飛んでいくという感じを、体に染み込ませてください。

これができるようになると、ピンから基準距離が残るバンカーは入れても良いバンカーということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
スタンスの取り方やフェースの開き方には触れていませんが、それ以前の注意点としてポイント3つ挙げました。
バンカーショットへの苦手意識の原因として、練習する機会や場所が少ないという点は否めませんが、貴重な練習の機会に苦手意識を増幅してしまうことが無いよう、この3つのポイントを意識して練習してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます

記事が参考になりましたら、こちらのボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

コメントする(Facebookアカウントをお持ちの方)

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

サイト内検索